法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » 国交省認定のデジタコメーカーを徹底比較 » 光英システム株式会社

光英システム株式会社

1986年に創業し、物流システムを提供している光英システム。輸送管理システムの導入と稼働実績No.1を誇る会社として、交通安全や環境改善をテーマにして、デジタコだけではなく、配車支援システムや輸送管理のクラウドサービス、リアルタイムで運行サポートする車載器などのサービスを提供しています。 また、物流部門はPDCAサイクル(Plan:配車システム・配車エキスパート、Do:デジタコ・eMF-ONE、Check:統合輸配送管理クラウドサービス・Web運行モニター、Action:速度テーブル・運転日報)を導入することで、見える化を実現して効率的に行えるサービスを実現しています。

光英システム株式会社の主なデジタコ関連製品

KD250

機能概要

特徴

光英システムにより開発されたデジタコ「KD250」はCAN-BUと呼ばれる車内LANによりデータ通信を行うことにより、燃料の使用量や燃費、走行速度、アクセルの開度、ブレーキの回数、エンジンの回転数などのデータを取得することができます。それ以外にも、「KD250」は車番や瞬間速度、最高速度、急ブレーキ、データ発生年月日時刻、区間速度、庫内温度、車両状態などさまざまなデータを取得が可能です。 ドライバーが無操作でさまざまなデータを取得することができるので、最適な運行管理を導くとともに安全運転もサポートしてくれます。

ウェブ取説の有無

確認できませんでした。

国交省認定デジタコメーカーの
価格・機能別比較一覧表を見る

KD250運行データ解析ソフト

機能概要

特徴

デジタコによって取得されたデータを解析して印刷することで、データ管理を容易にすることを可能にする。得られたデータを活用することで、光英システムの強みでもあるPDCAサイクルを円滑にすすめるサポートに繋がっている。

ウェブ取説の有無

確認できませんでした。

KD250もしくはK250の導入事例

ミニストップ株式会社の例

配送計画の精度が向上することで、お店の生産性・満足度が増したとともに、トラックの運行効率も向上もはかれた。ドライバーによる操作が不要であるために、運転の安全性と荷受人との信頼が高まり、実際の現場のとの整合性が高いため、システムの継続が促進された。 そして、競合他社にはない店着予測やリアルタイムの自動温度測定が導入の決め手となった。