コスト削減×効率UP!らくトク★デジタコ大百科 > 国交省認定のデジタコメーカーを徹底比較 > 二葉計器

二葉計器

公開日: |更新日:

二葉計器は、1925年に創業したタクシーメーターの専業メーカーです。現在はその派生製品として、デジタコやドラレコ、アルコールチェッカーなどもラインナップ。

1世紀近くにわたり培ってきた技術力をもとに、高品質な製品ときめ細かいソリューションを提案しています。

二葉計器の主なデジタコ関連製品

GFIT

機能概要

  • 国交省のデジタコ技術基準第3編に準拠
  • 法定3要素の記録はボタン1つで操作可能
  • 音声による注意喚起機能
  • ドラレコ連携も可
  • 別売りのタッチパネル方式の入力端末あり
  • 別売りの運行支援システムあり

特徴

GFIT(FD-1000)は、国土交通省のデジタコ技術基準第3編に準拠しており、デジタコに必要な基本機能は一通り搭載されています。

使い勝手も良好で、法定3要素のデータ運用はボタンを押すだけで完了。別売りのタッチパネルを連携すれば、より直観的に操作をすることもできます。

また、二葉計器ではGFITの取り扱いを行っていますが、デジタコ本体の開発元は愛知県名古屋市にある「ファインフィットデザインカンパニー」です。2018年4月に、電子機器の製造メーカーである株式会社中日諏訪オプト電子の社内カンパニーとなり、現在の社名は「株式会社中日諏訪オプト電子ファインフィットデザインカンパニー」となっています。

運行管理記録計としても認可を受けている「R9-6」などのタッチパネル式タクシーメーターを販売している二葉計器は、2013年にGFITと連携するタッチパネル式の車載器の開発を進めており、現在までGFITの取り扱いを行っています。

ウェブ取説の有無

確認できませんでした。

ラクでおトクに導入できる!
クラウド版・おすすめデジタコ3選

Tough More-Eye[タフモアイ]

機能概要

  • 200万画素の高精度カメラ
  • ヒヤリハット予防機能(LEDランプとブザーによる警告)
  • GPSモジュール内蔵
  • デジタコ連携可

特徴

Tough More-Eye[タフモアイ]は、二葉計器がラインナップするドライブレコーダーの1つです。開発元はファインフィットデザインで、上述のGFITと連携することが可能。高解像度カメラにより鮮明な画像を記録できるほか、あらかじめ設定された速度や衝撃をきっかけに録画を開始するイベント録画機能などが搭載されています。

ウェブ取説の有無

あり(http://www.finefitdesign.co.jp/cp-bin/wordpress/wp-content/uploads/2017/12/83b559058cc990be0aefe54cf473d28c.pdf)

GFIT(クラウド型)

機能概要

  • 通信モジュールを本体に搭載し、クラウドを活用した運行管理を実現
  • 音声でリアルタイムにエコ安全運転を指導
  • 専用リモコンで運行状態をカンタン入力
  • 国土交通省のデジタコ(デジタル式運行記録計)技術基準第3編に準拠
  • 運行データのクラウド送信によりカードレスの運用が可能
  • スマホとの連動でメッセージ確認や作業報告も可能
  • 5年間の修理費用を含んだ安心の保証体制

特徴

メモリーカード式の従来型GFITをベースに、通信モジュールを搭載することでクラウドを活用した運行管理を実現した上位モデル。クラウド型運行管理システム「KITARO」(要別途契約)との連携によって、カードレス運用を実現します。

GFITの導入事例

導入事例は見つかりませんでした。

タコジロウより

img01

二葉計器は創業が1925年(大正時代だぜ!)っていう老舗企業というのに驚くよな。古くからタクシーの料金メーターを手掛けていたことで知られているぜ。

そんな二葉計器ではデジタコとしてまずSDカード方式で法定三要素に対応したGFITを出した。でもって、その進化版として、従来型GFITをベースにクラウド型としたバージョンアップ版もリリースしているぜ。

そもそも、ラクにデジタコを導入するには、「クラウド版に対応していること」「導入前に試せること」「サポート体制が手厚いこと」「搭載機能がシンプルなこと」といった点が重要だ。その点、二葉計器のデジタコは、クラウドかSDカード方式かを、ニーズに応じて選べるってのがいいとこだな。