コスト削減×効率UP!らくトク★デジタコ大百科 > 運行管理システムの基礎知識 > 配送管理でおすすめのデジタコ

配送管理でおすすめのデジタコ

公開日: |更新日:

配送管理システムとは

トラックの荷物の出荷から、配送完了までのプロセスを管理することを配送管理といいます。トラックの配送状況を可視化することで、様々な状況に柔軟に対応することができるようになります。また、荷主にとっても配送状況を可視化できることはメリットがあり、配送管理ができるテレマティクスサービス(運行管理システム)を導入したことで顧客の信頼獲得につながった導入事例も見られます。

配送管理システムを導入することで、出荷時間や配送完了時刻、位置情報の取得など、細かい配送ステータスを確認することが可能。

また、システム上で配送計画を確認しリアルタイムで指示を出すことができるため、業務効率化にもつな がるなど、様々なメリットがあります。

ラクでおトクに導入できる!
クラウド版・おすすめデジタコ3選

配送管理のおすすめのデジタコ

配送管理でおすすめのデジタコの特徴をそれぞれご紹介します。

システック「ロジこんぱす」

ロジこんぱすには、3秒ごとに車両情報を取得できるという特徴があります。それによって、出荷から配送までの状況をリアルタイムで管理し、トラブルを未然に防ぐことが可能となっています。

車両ごとの通ったルートや時間などを正確に記録して、配送計画との比較。配送ルートの見直しや改善を行うことで、業務の効率化を図ることができます。

「荷主機能」によって、チャーター便の情報を簡単に荷主に見せることが可能。チャーター便が安全運転を行っているか、温度以上がないか、配送計画通りに運行されているか、などを、運行管理者の希望に合わせて公開することができ、荷主への信頼へとつながります。

導入事例として掲載されている運送業者は、ロジこんぱすの配送管理のおかげで、延着に関するトラブルがなくなったことが導入後の大きなメリットだったと語っています。

タイガー「トラックメイト配車pro」

運輸管理システム、デジタコ、ドラレコなど、様々な製品やサービスを手がけている株式会社タイガーの製品です。

こちらはデジタコ本体ではなく、デジタコと連携する運行管理システムです。デジタコと連携することで、さらに効果的にデータを活用することができます。デジタコは矢崎エナジーシステムや富士通のデジタコに対応しています。

この「トラック配車Pro」は、配車担当者の視点で使いやすさを追求したシステム。配送スケジュールを表示し、配車指示や集荷指示を乗務員にメールで連絡することができます。

ドラッグ&ドロップの簡単な操作とわかりやすい画面レイアウトで評価されています。

運輸・運送業務を総合的に管理できる「トラックメイトPro3」と連携することも可能です。

データトロン「TMS-1」

GPSを活用した車両管理システムの設計・製造などを行うデータトロンのサービス「TMS-1 リアルタイム移動体管理システム」です。

専用の端末で記録、入力されたデータをもとに、車両の作業内容をリアルタイムで管理できるシステムです。

端末機は一般の運行管理記録計に近い機能を持っていると思われますが、国土交通省の認定を受けておらず、デジタコまたは運行記録計と名乗ることができません[注1]。そのため「車載端末」という表現になっています。専用の車載端末のほか、スマートフォンとの連携も可能です。

主な役割は、配送車や作業車への作業監視、遠隔作業指示、効率的な配送ルートの検証、作業時間の管理。位置情報や状況を遠隔で管理し指示を行うことで、作業の効率化を図ります。

また、運転状況もわかるため、事故の防止にもつながります。

急ブレーキや危険運転などがあれば、ドライバーにはブザーを使って警告。管理者も確認することができるため、運転手への指導にも役立ちます。

参考資料