コスト削減×効率UP!らくトク★デジタコ大百科 > デジタコの基礎知識 > 位置情報を把握できるデジタコ

位置情報を把握できるデジタコ

このページでは、ドライバーの位置情報の把握に対応したデジタコを紹介しています。

デジタコで位置情報の把握ができる?

GPSを搭載しているデジタコに「動態管理システム」を導入することで、拠点の管理スタッフがドライバーの位置情報をリアルタイムで確認し、現在地を把握したり、状況に応じた指示を出したりできるようになります。

また、位置情報と走行距離や走行内容のデータを関連付けることで、危険性が予測される場所やドライバーの運転意識などをより詳細に管理できることもポイントです。

デジタコでドライバーの位置情報を把握するメリット

管理スタッフが車両ごとの状況や交通事情を把握できれば、ドライバーへの指示の精度を高めやすくなり、マップ上に表示されている交通情報と比較して最適なルートを検証することもできます。

また、現在状況をドライバーが電話で報告する手間を省けることも重要です。

ラクでおトクに導入できる!
クラウド版・おすすめデジタコ3選

位置情報を把握できるデジタコ

トランス・アイ「らくデジ」

Googleマップと連携して、デジタコを搭載している全ての車両をリアルタイムで管理できるデジタコです。単に位置情報を把握するだけでなく、Googleマップの渋滞情報も併用することで、管理スタッフがスムーズにドライバーへルート変更を指示したり、現地到着時間を予測したりできるようになります。

データは1分おきに更新される上、過去13ヶ月分の位置情報や運転データが保存されるため、事業プランの構築に役立てることも可能です。

AXIS「KITARO」

国交省認定のデジタコであり、オンラインで管理拠点と車両をつなぐクラウド型のデジタコです。通信費込みの月額利用料で契約できるため、インターネット接続料を別途支払う必要もありません。また、機器に不具合が発生した場合、代替機を最長2週間、無償でレンタルできる保守サービスも魅力です。

常時インターネットで接続されており、運行記録や日報なども自動で作成されます。

トランストロン(富士通)「DTS-F1A」

LTE通信モジュールを標準搭載した、高速通信対応のクラウド型デジタコです。タコグラフを導入していない企業に向けたベーシックモデルとして販売されており、気軽に位置情報の把握や運行管理を始めることができます。

本体費用や取付費などが全て込みで、月額1,480円(税別)という料金も特徴です。

タコジロウより

img01

ドライバーの位置情報を管理者がきちんと把握していれば、適切なルートを指示しやすくなり、仕事の効率が高まるだけでなくドライバーの安全にもつながるな。

クラウド対応で導入メリットを追求しやすいデジタコがおすすめだが、いざって時のサポート体制に注目することも忘れないでくれよ。