法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコの基礎知識 » デジタコ導入のメリット・デメリット

デジタコ導入のメリット・デメリット

このページでは、デジタコのメリット・デメリットについて調べています。

デジタコのメリット

導入の義務化が拡大し、話題となっているデジタコ。「どこがそんなにすごいのか」を知りたい管理者のために、基本的な導入メリットを紹介していきましょう。

データ確認が容易

デジタコは1998年に実用化されましたが、それ以前にも「アナタコ」が存在しており、搭載車両の運行距離/速度/時間を記録することが可能でした。アナタコの場合、計測データは円グラフでの表示となり、その解析には専門知識が必要です。

しかしデジタコなら、記録データの解析に専門知識は必要ありません。事前に解析ソフトの導入やシステムを構築しておけば、記録内容は誰が見てもわかる文字や数値、そして線グラフなどで表示されます。このため、データ確認や集計への労力を大幅に短縮できます。

もちろんドライバーにとっても操作は簡単で、メモリーカードを挿入/取り出すだけ。またデジタコは意図的なデータ改ざんへの抵抗力も、強くなっています。

より多くの情報を収集可能に

デジタコが記録するのは、運行距離/速度/時間の法定3要素だけではありません。

急加速や急減速、アイドリングの有無や燃費計算、そしてGPS情報なども記録できるため、勤怠状況の正確な把握から経費削減にまで、幅広く貢献してくれます。

業務内容の質が向上する

上記の内容を見てもわかる通り、一部の「仕事が雑なドライバー」にとって、デジタコは非常に厄介な存在。乱暴運転が招く急ブレーキや迷惑なアイドリング、そして過剰な連続勤務などが、すべて記録されてしまうからです。

結果として残る業績は優秀でも、その過程で自分勝手な勤務態度を常態化させているドライバーの存在は、大きな脅威。管理者の信用を地に落とす、大事故を招く可能性があります。

「ドライバーのモラル改善」はもちろん、デジタコ導入には「業務内容の質向上に役立つ」というメリットもあるのです。

管理者とリアルタイムのやり取りが可能に

デジタコの登場からは、すでに20年が経過しています。当初はアナタコのデジタル版でしかありませんでしたが、近年はインターネット通信を活用することで、ドライバーと管理者のリアルタイムなやり取りを可能にする機器へと、進化しています。

管理者にとっては、ドライバーに迅速かつ的確な指示を与えられる、理想的なツール。一度使用を始めてしまうと、もうデジタコなしの業務は、考えられなくなるでしょう。

業務効率化に役立つ
デジタコの選び方

デジタコのデメリット

中小運送会社のデジタコ導入率がまだまだ低いのは「初期費用が高い」というデメリットのせいかもしれません。1台300,000円前後(アナタコの2~3倍)×台数分という見積もりを受け「死活問題」と訴える会社もあるのです。

また一部の自分勝手なドライバーから、反発を招くというデメリットも、考えられなくはありません。

しかし近年は、国土交通省の指示によりデジタコ導入の義務化が進められています。企業によっては導入後、デジタコ搭載車を「優良業者の証」として活用している例も。

今後、デジタコについての情報がより一般化されていくに従い、時代に乗り遅れた企業は淘汰されていく可能性もあるのです。「まだ導入に至っていない」という企業には、真剣な検討をおすすめします。