コスト削減×効率UP!らくトク★デジタコ大百科 > デジタコの基礎知識 > 軽貨物運送業におけるデジタコ導入のメリットとは?

軽貨物運送業におけるデジタコ導入のメリットとは?

このページでは、軽自動車を活用する軽貨物運送業においてデジタコを導入するメリットをまとめています。

軽貨物運送業における
デジタコ装着のメリット

業務フローの効率化と作業品質の向上

デジタコを導入することで車両ごとの走行記録が保存される上、ドライバー自身の意識向上を促すこともできます。

また、安全管理を行いやすくなるため、ドライバーへの指導や指示内容も明確になり、業務の効率化を進めることも可能です。

リアルタイムでドライバーと連絡可能

GPSやインターネットを活用して、ドライバーの位置情報などをリアルタイムで確認しながらコミュニケーションを取れるデジタコもあります。道路情報や渋滞状況を管理者が確認しながら、迅速にドライバーへ指示を出せるため、業務の効率化と品質管理の精度が向上に寄与してくれます。

運行データの収集と解析が簡単

デジタコを導入するとデータの収集や保存が簡単に行いやすくなる上、専用ソフトや解析システムなども合わせて活用すればデータの詳細な解析もスムーズに行えるようになるでしょう。

専門家でなくとも現状の問題点や課題を把握できる環境は、企業にとって重要です。

軽自動車へのデジタコ装着は義務なのか?

義務ではないが価値がある

平成26年12月1日に改正された「貨物自動車運送事業輸送安全規則(国土交通省令)」によって、デジタコの装着義務の対象は「車両総重量7トン以上または最大積載量4トン以上の事業用トラック」にも拡大されましたが、軽自動車は2021年9月時点で義務化の対象になっていません。

しかし、デジタコ導入で得られるメリットは多く、早めにデジタコを活用しておくことは決して無駄ではありません。

義務化の拡大は進んでいる

デジタコの装着が義務とされる対象車両は拡大傾向にあり、今後は事業用に所有している軽自動車に対してもデジタコ装着が義務化される可能性もゼロではありません。

駆け込み需要では十分に希望のデジタコ購入が間に合わない恐れもあり、早めの導入を検討しておきましょう。

タコジロウより

img01

軽自動車へのデジタコ装着は義務でないものの、軽貨物運送業においてデジタコ導入で得られるメリットは少なくない。

ただしデジタコには色々な種類もあるから、自社のニーズに合った製品を比較検討するのが大事だぜ。