コスト削減×効率UP!らくトク★デジタコ大百科 > デジタコの基礎知識 > タクシー業界におけるデジタコ導入のメリットとは?

タクシー業界におけるデジタコ導入のメリットとは?

タクシー業界におけるデジタコ導入のメリットや、義務化のポイントなどについて解説しています。

タクシー業界における
デジタコ装着のメリット

ドライバーの運転意識の向上

デジタコをタクシー車両に導入することで、速度状況や急ブレーキ回数などを記録し、ドライバーの日常的な運転方法について客観的に観測できるようになります。また、それぞれのタクシー運転手の性格や経歴と運行データをマッチングさせ、ドライバーの人材教育に活かせる点もメリット。

日頃から安全運転を心がけているドライバーをピックアップしやすくなり、適切な人材評価につなげられるのはありがたいポイントです。

事故発生時の原因究明をスムーズにする

デジタコによって運行記録が保存されるため、事故が発生した場合の状況や原因究明について正確に進めやすくなるのも見逃せないメリットです。特に、訴訟問題にまで発展した場合には、客観的な証拠としてデジタコの記録を提出するのが裁判所の判断の分岐点になることも。リスク管理として、デジタコは大きなポイントになります。

事故の原因を具体的に解明しやすくなり、次の事故防止対策へ活用できることも強みです。

運行データの解析や管理が簡便になる

デジタコに保存されているデータをシステムへ移行すれば、データの一元管理がスムーズになります。

デジタコの中にはクラウドシステムなどと連携できるものもあり、製品によってはリアルタイムのデータ保存が可能です。

タクシーへのデジタコ装着は義務なのか?

法人タクシーでは義務化されている場合もある

法人タクシーとして営業されている車両に関しては、大都市での営業に際してタコグラフの装着が法的に義務づけられています。デジタコによって義務化へ対処できることがポイントです。

なお、法人タクシーのタコグラフ装着が義務化されているのは東京都心や大阪市、京都市など都市部を含めた一部地域となっていますが、人々の安全意識の向上に伴って義務化対象エリアは拡大傾向にあります。将来を見据えて早めにデジタコを装着しておくのがおすすめです。

個人タクシーの場合は義務化の対象となっていないものの、安全面や導入メリットを考慮すると装着しておいて損はないでしょう。

タコジロウより

img01

一部のタクシーにはタコグラフの装着が義務づけられており、今後は義務化の範囲も拡大していくと考えられる。

デジタコはアナログタコグラフにはないメリットも色々とあるから、義務に関係なく導入を考えてみても良さそうだぜ。