法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコ・運行管理システムの導入活用事例 » コスト削減につながった事例

コスト削減につながった事例

このページでは、デジタコ導入が運送業のコストカットにつながった事例を紹介しています。

運送業におけるコスト削減の方法

トラック運送業界は景気悪化と燃料価格の高騰など、外部要因に影響を受けやすい業界です。

現在の車両やドライバーの運用状況を考えると、取扱量を増やして売り上げを増加をさせることもなかなか難しいことでしょう。盤石な経営のためには、コストを抑えることが必要不可欠です。

トラック会社がコストを抑えるために行うべき方法は、大きく分けて以下の3点です。

デジタコ連動の運行管理システムには、コスト削減に必要なこれらの要素をサポートする機能がついています。

優れた運行管理システムと共にデジタコを導入した場合の価格相場は、1台あたり30万円程度と安くありませんが、自社の経営方針や課題に合ったシステムを選ぶことで、経営におけるムダをなくして、早々に導入費用を回収、利益の増加につなげることも可能です。

デジタコ導入でコスト削減を
行った具体的な事例

しかしデジタコを導入することにより「却ってコストカットが実現した」という声も多く挙がっています。以下にその実例を紹介していきますので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

事故ゼロで保険料の削減にも貢献

デジタコ導入後、事故の発生率はほぼゼロになりました。ドライバーの意識が大きく変わり、安全運転や法令遵守を徹底できるようになったからだと思います。結果としてフリート保険料や保険料を、削減できました。

また燃費の改善効果も非常に高く、月間で50,000~100,000円程度の削減が実現できています。決して安くはない設備投資でしたが、費用対効果は充分にあったと実感しています。

システム運用のコストが削減できた

デジタコ本体の搭載もちろん、管理者用にクラウド型運行管理システムを採用しています。このためインターネット接続したパソコンさえあれば、日報や車両の位置確認がいつでもどこでも可能となりました。

さらに、複数の営業所情報をサーバで一元管理することで、システム運用コストの削減にもつながりました。

全社の燃費平均が著しく向上

半期ごとに全社の燃費平均を算出しているのですが、デジタコを導入したことで、E&S指数が8点台から7点台前半にまで向上しました。今後は6点台を目指し、さらなる燃費削減を実現できれば良いと思っております。

データの一括管理で経営が合理化

クラウド型デジタコを使用していますが、各営業所のデータを一括管理できるため、コストパフォーマンスは非常に高いと思っています。

今まで管理事務作業に要していた人員や時間を、他の業務へと回すことができるようになり、経営の合理化が実現しました。

コスト削減に役立つ
3つのデジタコを紹介

参考資料