法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコ・運行管理システムの導入活用事例 » クラウド型運行管理システムの活用事例

クラウド型運行管理システムの活用事例

このページでは、クラウド型デジタコの活用事例を紹介しています。

クラウド型デジタコとは

デジタコによって計測されたデータは、デジタコ本体に付属しているSDカードなどの記録媒体(メモリーカード)に保存され、車庫に戻ったときにデータを取り出して使用することができます。

一方、クラウド連携型のデジタコは、製品によって異なりますが、主にデジタコが記録しているデータを、インターネット上でリアルタイムに確認することができます。インターネット上に上がっているといっても、世界中の人が見られるわけではなく、IDやパスワードの設定によって社内の運行管理担当者だけが見ることができます。

クラウド型デジタコのメリット

トラック会社によるクラウド型デジタコの導入・活用事例

各製品の導入事例や、トラック協会が公開している情報を参考に、クラウド連携型デジタコの活用事例や、導入後に感じたメリットなどをまとめてみました。

インターネット環境さえあれば運用可能なのが魅力的

私たちは比較的早い段階からデジタコを導入してきたのですが、そのせいか搭載モデルが古くなってきたため、リニューアルを考えました。そんな時クラウド型デジタコの存在を知り、導入を決めたのです。

管理者にとって魅力的なのは、リアルタイムで車両やドライバーの状況がわかること。また特別な機器は不要で「インターネット環境さえあれば良い」というのが、便利でした。

今後はこのデジタコで集積した収支や労務管理、そして配車実績などのデータを、さまざまな角度から検討していく予定。そして、運用面での改善に役立てていこうと考えています。

またシステムに関しては、無料で随時アップデートされていくので、常に最新機能を利用できるのがうれしいです。

安心感が増し、費用対効果も高いです

デジタコのクラウド型運用管理システムを複数の営業所に導入しましたが、いまのところ非常に快適です。本社であっても、営業所であっても操作法は変わりませんし、各営業所からのデータ漏洩や、バックアップ不備などを心配する必要がなくなって、安心感が増しました。

また、管理者がどこにいてもリアルタイムのデータを参照できるため、確実な指示ができるようになったのも、大きなメリットです。PCとネットワーク環境さえあれば良く、用途がよくわからない追加料金もないため、費用対効果は非常に高いと感じています。

クラウド型デジタコを販売する
国交省認定デジタコメーカーは?