法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選

デジタコ導入の投資額 デジタコ導入の投資額
       

デジタコ約30万円×トラック車両台数(50台の場合)…

               1,500万円なんて、
「売上増」では回収できない!?            

もうかる
デジタコメーカー3

  • ロジこんぱす
    (システック)

    ロジこんぱす公式
    サイトで詳しく見る

    • ハード/ソフト:ロジこんぱす
    ロジこんぱす(システック)

    引用元:システック https://systec2000.com/logicompass.html

    ロジこんぱす(システック)

    引用元:システック https://logicompass.net/about/function.html

    導入効果を最大限に引き出す「使いやすさ」

    ロジこんぱすは、タッチパネル式ディスプレイです。他社にはない、操作しやすさやカスタマイズ性の高さが特徴です。

    • 労務管理がわかりやすい:自動作成される各帳票は、自由にカスタマイズ可能。拘束時間や運行体制を改善でき、監査の対策に役立つ。
    • ドライバーの意識が変わる:音だけでなく、画面にも速度超過などを通知。法令順守の意識が高まる。
    • 情報の見える化で稼働効率アップ:車両の移動状況や回転率の分析が簡単。50台から42台への減車に成功した実績がある。

    ロジこんぱすの導入効果・事例

    速度超過の際に鳴るアラームと、運転成績表を用いてのドライバーへの注意のおかげで、ドライバーの安全運転に対する意識が高まりました。

    また、運転日報や拘束時間管理表などのデータ管理も行なえるので、ドライバーの過労を防ぎ、業務環境を改善することができました。実務の拘束時間は監査でもひっかかりやすいので、大変助かっています。

    ロジこんぱす公式
    サイトで詳しく見る

    電話で問い合わせ・見積もり依頼
    【営業時間:10:00
    ~18:00(平日)】

    ロジこんぱす(システック)

    引用元:システック https://systec2000.com/logicompass.html

    ロジこんぱす(システック)

    引用元:システック https://logicompass.net/about/function.html

    こんなことができます!

    • GPS動態管理
    • 日報作成
    • 労務管理
    • 配送管理
    • 燃費管理
    • 安全運転
    • クラウド連携
    • ドラレコ連携
    • 温度管理

    ※ドラレコはオプションとなります。

    引用元:Youtube
    https://www.youtube.com/embed/4ku5U8J4e-8

  • DTS-D1D
    (トランストロン)

    DTS-D1D公式
    サイトで詳しく見る

    • ハード:DTS-D1D
    • ソフト:ITP-WebService V2
    DTS-D1D(トランストロン)

    引用元:トランストロン http://www.transtron.com/products/dts-d1d.html

    DTS-D1D(トランストロン)

    引用元:トランストロン http://www.transtron.com/products/dts-c1.html

    運行コンシェルジュによる自動アドバイス

    トランストロンのDTS-D1Dは、クラウドでデータを管理するドライブレコーダー付きのデジタコです。安全運転に特化したシステムによって事故リスクを低下できます。

    • 運転素行を自動評価:運行コンシェルジュが「安全」「経済」「品質」3つの視点から評価
    • 高画質ドラレコ:92万画素で前方車のナンバーがはっきり見える。
    • 車間距離を検知:車間距離、車線逸脱を検知しドライバーに警告する。

    DTS-D1Dの導入効果・事例

    運行時に記録される運行データを、クラウドサーバーで常に確認することで、乗務員・運行管理者の負担を軽減することができました。

    また車両が急な加減速を行なうと通知が送信されるので、安全運転の意識向上にもつながりますし、僅かながら経費も削減できます。交通状況も即座に確認できるため、事務所からドライバーへの適切な指示を出すこともできました。

    DTS-D1D公式
    サイトで詳しく見る

    電話で問い合わせる
    ※本社代表連絡先

    DTS-D1D(トランストロン)

    引用元:トランストロン http://www.transtron.com/products/dts-d1d.html

    DTS-D1D(トランストロン)

    引用元:トランストロン http://www.transtron.com/products/dts-c1.html

    こんなことができます!

    • GPS動態管理
    • 日報作成
    • 労務管理
    • 燃費管理
    • 安全運転
    • クラウド連携
    • ドラレコ連携
    • 温度管理

    ※温度センサーはオプションとなります。

    引用元:Youtube
    https://www.youtube.com/embed/plw1zv5nuYI

  • e-Tacho NET580
    (NPシステム開発)

    e-Tacho公式
    サイトで詳しく見る

    • ハード:e-Tacho NET580
    • ソフト:地球号・水星号・金星号・木星号
    e-Tacho NET580(NPシステム開発)

    引用元:NPシステム開発 http://www.npsystem.co.jp/products/products.html

    e-Tacho NET580(NPシステム開発)

    引用元:NPシステム開発 http://www.npsystem.co.jp/products/chikyugou/chikyugou.html

    高い情報処理能力を効率化に活かせる!

    NPシステム開発のe-Tacho NET580は、3つのボタンで操作するシンプル設計のデジタコです。集約されたさまざまな情報を活用できれば、車両の稼働状況や運行コースのムダを省くことができます。

    • 複数のソフトを選べる:「地球号」「金星号」など、多彩な運行管理システム
    • ニッチな管理機能も充実:有料道路料金検索や、食事手当の自動集計などの情報まで自動集約できる。
    • 運転日報の多彩なレイアウト:1日運行用、長距離用などに合わせてレイアウトを使い分けられる。

    e-Tachoの導入効果・事例

    e-Tacho NET580を導入してから、ドライバーの安全意識が根付き、無事故無違反を達成できました。また運行管理を楽にできるようになり、燃費向上による燃料費の低減にも成功しました。

    安全で環境に優しく、高品質な輸送への取り組みが、長年の実績で培ったお客様との絆を一層深めてくれると感じています。

    e-Tacho公式サイトで詳しく見る

    電話で購入の
    問い合わせをする
    【フリーダイヤル:
    0120-960-008】

    e-Tacho NET580(NPシステム開発)

    引用元:NPシステム開発 http://www.npsystem.co.jp/products/products.html

    e-Tacho NET580(NPシステム開発)

    引用元:NPシステム開発 http://www.npsystem.co.jp/products/chikyugou/chikyugou.html

    こんなことができます!

    • GPS動態管理
    • 日報作成
    • 労務管理
    • 燃費管理
    • 安全運転
    • クラウド連携
    • 温度管理

    ※日報作成、燃費管理は「地球号」、動態管理は「金星号」のみ。労務管理、ドラレコ、温度センサー、はオプションとなります。

    動画なし 動画なし

デジタコ・運行管理システムで
実現できること

  • ドライバーのレベルアップ

    • 運転素行をリアルタイムで改善
    • エコドライブを理解して徹底できる
    • ドライバー自身の意識向上
  • 管理効率の改善

    • 紙による手作業が電子化され時間短縮になる
    • ドライバーとの連絡トラブルの減少
    • 荷主にリアルな配送状況を伝えられる

デジタコ・運行管理システムの
導入活用事例

デジタコ導入で「顧客の信頼」が得られると気づいた

運行管理システムを導入した目的は、主に支出を削減させたい思いからでした。

業務量の増加に対する請求漏れやデータ管理の負担増、事故発生による補償、運輸コストの上昇への対応など、運行管理システムに対する要望は多くありました。

結果、コスト削減で一定の効果を得られただけでなく、顧客の信頼を向上させられたことも、大きな収穫でした。車両の動態管理は、顧客にとっては荷物の動態管理であり、荷物の状況を把握できることが信頼獲得につながりました。

IT導入を行っていることをアピールできたことで、他社より少しでも安全推進の体制を見せられたことも要因のひとつだと思っています。

活用事例について
詳しく見る

デジタコの
基礎知識

これを見れば、事務所で一番デジタコに詳しくなれる

デジタコは、デジタルタコグラフの略。従来アナログで行っていた運行記録を電子的に行うもので、各種データの正確な記録とデータの扱いやすさが魅力です。

製品によって、法定3要素以外にも、実にさまざまなデータを記録でき、またそのデータを管理・分析するためのソフトウェアにも無数の種類があります。ここでは、そんなデジタコの基礎知識について解説していきます。

デジタコの
種類

デジタコには大きく分けて「単機能型」「標準型」「多機能型」の3種類があります。それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

  • シンプルな単機能型

    シンプルな単機能型は、法廷3要素(時間・距離・速度)の記録に機能のみを搭載しています。操作はワンタッチでボタンを押すだけと非常にシンプル。簡単に操作・管理が行なうことができます。

    メリットは法廷3要素のみに特化していることから、とにかくシンプル!直感的に操作しやすい点と、価格が安い場合が多いためコストを抑えられる点が挙げられます。

    デメリットは機能が少ないため、他の機能が欲しくなった場合には新しく買い替える必要がある点。他の機能の魅力やメリットを事前に確認し「本当に単機能型でいいのか」をよく検討したうえで購入しましょう。

  • ドライブレコーダーと連動した標準型

    標準型の特徴は法定3原則の機能に加え、ドライブレコーダーとの連動日報といった通常必要とされる帳票機能が搭載されていること。たくさんの機能は必要ないが3原則機能だけでは物足りない、帳票などの機能が少しだけ欲しい人に向いています。

    標準型のメリットは、ドライブレコーダーや日報などの基本的な帳簿の機能がついている点と、難しい操作を必要としない場合が多く、シンプルで使いやすい点にあります。

    デメリットはシンプルな単機能型と比べて価格が高く、多機能型と比べると機能面で見劣りしてしまう点。標準型で十分!という方にはベストな選択です。

  • 上位モデルの多機能型

    上位モデルの多機能型の特徴は、その名の通りさまざまな機能が1つの装置に搭載されていること。またクラウドやSDカードタイプなど選べる種類が多い点も特徴の1つです。

    メリットは安全管理や労務管理など多彩な機能があるため、ほかの装置は必要ないこと。また使いこなせれば作業効率のアップや経費削減にも繋がり、導入コスト以上の売上増を実現できます。

    デメリットは、単機能型や標準型に比べると導入にコストがかかる点ですが、業務効率化を叶えられるデジタコを選べば導入コストも回収できます。中長期的なコストパフォーマンスでみれば、多機能型のほうが良いでしょう。

運行管理システムの基礎知識

コスト削減の強力ツール・運行管理システムについて知る

運行管理システムとは、車両の運行に関するさまざまな情報を管理・分析するためのツールです。製品によってさまざまな種類がありますが、管理スタッフとドライバーがリアルタイムでやり取りしたり、ヒヤリハット事例の傾向を分析し、改善案を組み立てたり、各業者が蓄積したノウハウを、データを元に洗練させることで、より合理的な物流を実現することができます。

ここでは、トラックの運行管理でできることと、それを実現するのにおすすめの製品をピックアップして紹介していきたいと思います。

国交省認定デジタコメーカー徹底比較

助成金で購入費をカットできる国交省認定デジタコ

デジタコとは、デジタルタコグラフの略で、車両の速度や走行時間を記録する機器、システムを指します。長距離輸送が常態化していることを背景に、とくにトラックにおける事故の予防や安全運転を目的に、車両総重量7トン以上又は最大積載量4トン以上のトラックにデジタコの装着が義務付けられています。

デジタコの導入を検討するときに知っておきたいのが、国土交通省に認定された一部のデジタコには、導入に際して助成金が支払われることになっているという点。今回は、とくに国交省認定のデジタコを開発するメーカーに的を絞り、その情報をまとめてみました。

  • システック

    引用元:システック https://logicompass.net/

    システック

    使いやすさ・導入コストが光る

    システックは、本体価格5万円という、業界最安レベルのデジタコを用意しているメーカー。ハードとソフトを一貫体制で開発しており、使い勝手に優れる運行管理システムも別途ラインナップ。デジタコ導入をスモールスタートで行いたい企業から高い評価を得ています。

    システック
    について詳しく見る

  • 富士通(トランストロン)

    引用元:トランストロン http://www.transtron.com/products/dts-d1d.html

    トランストロン

    デジタコ知名度ナンバーワン

    富士通グループに属するトランストロンは、デジタコメーカーの中でも高い知名度を誇る大手。とくにネットワーク型デジタコの販売実績が豊富でじつに15万台以上もの車両に導入されているとのことです。

    トランストロン(富士通)
    について詳しく見る

  • NPシステム開発

    引用元:NPシステム開発 http://www.npsystem.co.jp/products/net/net-300.html

    NPシステム開発

    一貫体制に定評あり

    NPシステム開発は、デジタコというものが登場して以来、ソフトウェアの開発・販売から導入後のアフターフォローまでを一貫体制で提供してきたシステム開発会社です。顧客のことを考えた提案力に定評があります。

    NPシステム開発
    について詳しく見る

  • 矢崎エナジーシステム

    引用元:矢崎エナジーシステム http://www.yazaki-keiso.com/product/

    矢崎エナジーシステム

    車両計器の最大手

    矢崎エナジーシステムは、ケーブルメーカーとして50年以上の実績を持つ矢崎グループに属する企業。生活に根差した機器や、タクシーメーターなどの計器類の開発力に定評があります。

    矢崎エナジーシステム
    について詳しく見る

  • デンソー

    引用元:デンソーセールス https://www.denso-sales.co.jp/d-navi/product/dn-magic_premium/

    デンソー

    自動車部品で世界シェア1位

    自動車部品やシステムの製造を行うデンソーによる運行記録計は、免許証リーダーを内蔵。デジタルカメラ搭載で危険運転の感知にも力を入れており、ドライバーの運転素行向上に徹底しています。

    デンソー
    について詳しく見る

  • HORIBA(堀場製作所)

    引用元:HORIBA http://www.horiba.com/jp/automotive-test-systems/applications/managing/driving-control/driving-control/details/drt-7500-21965/

    HORIBA(堀場製作所)

    一部上場のグローバルメーカー

    HORIBA(堀場製作所)は、「おもしろおかしく」を社是とする分析機器・計測機器メーカー。世界各国に子会社を持ち、グローバルに商品・サービスを展開しています。東証一部にも上場する地力のある企業です。

    HORIBA(堀場製作所)
    について詳しく見る

  • トランスアイ

    引用元:トランス・アイ https://trans-i.co.jp/desitacho.php

    トランス・アイ

    最も勢いのある新手のメーカー

    トランス・アイは、運送・輸送の分野で、通信と据え置き端末を組み合わせたIoT総合ソリューションを提供している開発会社です。デジタコ、ドラレコ、IP無線に絞った商品展開をしており、そのきめ細かいサポートで多くの企業から好評を得ています。

    トランス・アイ
    について詳しく見る

  • あきば商会

    引用元:あきば商会 http://www.akiba-shokai.co.jp/digitacho/

    あきば商会

    小規模を活かした丁寧なサービス

    あきば商会は、自動車部品や機械工具の販売、デジタコ・ドラレコの開発・販売を手掛ける企業です。規模は大きくありませんが、顧客目線のきめ細かいサービスを行っています。

    あきば商会
    について詳しく見る

  • ワーテックス

    引用元:ワーテックス http://www.watex-net.com/products/xdt-1/

    ワーテックス

    デジタコは低価格・高品質

    ワーテックスは、衝突警報装置やドラレコ、浴室テレビなどを開発・販売しているメーカーです。低価格でハイパフォーマンスなデジタコもラインナップされており、ドラレコとデジタコを同時に導入する企業も少なくないようです。

    ワーテックス
    について詳しく見る

  • データテック

    引用元:データテック http://www.datatec.co.jp/product/sr-connect/

    データテック

    幅広い業種に対応

    データテックは、「まだ、誰もやっていないこと、おもしろいことにこだわって挑戦を続ける"モノづくり集団"」です。コンパクトながら高い技術を誇っており、物流会社、バス会社をはじめ、幅広い業種の企業から支持を得ています。

    データテック
    について詳しく見る

  • 二葉計器

    引用元:二葉計器 http://www.futabakeiki.co.jp/products/gfit.html

    二葉計器

    タクシーメーター中心の老舗メーカー

    二葉計器は、1925年に創業した老舗の開発会社です。タクシー向けのタコグラフが主力商品ですが、トラック向けのデジタコ販売も行っています。シンプルな使い勝手で、タクシー会社に限らない幅広い層から支持されています。

    二葉計器
    について詳しく見る

  • クラリオン

    引用元:クラリオン https://www.clarion.com/jp/ja/products-business/telematics/CF-2600A/index.html

    クラリオン

    「日立グループ」に信頼感

    埼玉県さいたま市に本社を持つ、大手車載音響メーカーです。日立グループの子会社でもあり、企業としての信頼性・信用力は折り紙付き。数は多くありませんが、デジタコやドラレコもしっかりラインナップされています。

    クラリオン
    について詳しく見る

  • いすゞ(みまもりくん)

    引用元:いすゞ自動車 http://www.isuzu.co.jp/cv/cost/mimamori/index.html

    いすゞ(みまもりくん)

    クラウドデジタコのはしり

    旧称の「みまもりくん」が一般的ですが、正式名称はMIMAMORIコントローラーというデジタコの、MIMAMORIという運行管理システムです。古くから物流業界の課題解決を支援するために、独自開発のクラウド型デジタコをラインナップ。

    いすゞ(みまもりくん)
    について詳しく見る

  • ミヤマ株式会社公式サイト

    引用元:ミヤマ株式会社
    http://www.ecodrive-navigation.com/

    ミヤマ株式会社

    独自システムを開発した会社

    ミヤマ株式会社は環境技術の専門集団として、環境に関わるさまざまな製品や技術、サービスを手掛けています。自動車分野ではエコドライブナビゲーションと呼ばれるシステムを独自開発。エコドライブを高水準で実現できるシステムを提供しています。

    ミヤマ株式会社
    について詳しく見る

  • 光英システム株式会社公式サイト

    引用元:光英システム株式会社
    https://www.kouei.co.jp/

    光英システム株式会社

    交通安全や環境改善に取り組む

    光英システム株式会社は1986年に創業し、物流システムを提供している会社です。交通安全や環境改善をテーマに、問題点を見える化。トラックの運行をより効率的に、かつ環境への配慮も行えるサービスを実現・提供しています。

    光英システム株式会社
    について詳しく見る

  • 富士ソフト公式サイト

    引用元:富士ソフト
    https://www.fsi.co.jp/solution/sumatako/

    富士ソフト

    大手企業の高い技術力

    富士ソフトは1970年に設立された大手企業です。富士ソフトグループの技術者集団による高い技術力と、その技術に裏付けされた「提案力」が最大の武器。ロボット・自動車などの幅広い分野でのシステム開発に携わり、さまざまな分野で高い技術力を発揮しています。

    富士ソフト
    について詳しく見る

  • レゾナント・システムズ公式サイト

    引用元:レゾナント・システムズ
    http://www.resonant-systems.com/

    レゾナント・システムズ

    長年培ってきた技術力とノウハウ

    レゾナント・システムズは、株式会社ネプチューンと株式会社富士急情報システムが合併し、設立された企業です。企業目標は「顧客へ付加価値を提供すること」。2社それぞれが蓄積してきたノウハウを活用して開発されたデジタコは、国土交通省の認定も受けています。

    レゾナント・システムズ
    について詳しく見る