法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコの基礎知識 » 導入の流れ

導入の流れ

このページでは、デジタコ導入の流れについて調べています。

デジタコ導入の流れ

近い将来、事業用車両のすべてに搭載が義務化されそうな、デジタコ。義務化やアナログタコグラフからの乗り換えを検討している運送業者も多いはずです。

では、実際に導入する際は、どのような流れで進められるのでしょうか。以下に時系列で見ていきましょう。

デジタコの種類を選ぶ

デジタコの実用化は、今から約20年前。その後進化を繰り返していますので、最新機器にはさまざまな機能が搭載されています。

とは言え、企業によっては「あまり機能が多くないモデルでも良い。それより価格の安さが重要」という意見が挙がるかも?そのためまず、インターネットなどを通じてデジタコの情報を探り、予算や機能によってある程度導入希望機種の情報を絞り込んでおきましょう。

また近年は、ネットワーク連携を可能にする運用管理システムも続々とリリースされています。自社に合うサービスはないか、よく探しておく必要がありますよ。

見積もり候補のデジタコ
厳選3メーカーを見る

メーカーに問い合わせる

希望機種が絞り込めたら、メーカーに連絡をします。電話はもちろん、公式サイト上に問い合わせフォームが設けられている可能性もあります。

訪問打ち合わせや見積もり提出

メーカーからの返信があったら、訪問打ち合わせについて日程を調整します。

メーカーによっては複数の機器をラインナップしているので、打ち合わせの中で業務内容や希望機能、そして予算を聞き取り、最適な機種を提案してくれるはず。もちろん打ち合わせは行わず、見積もりの提出だけを求めることも、可能です。

いずれにしても、複数社とコンタクトを取り、相見積もりを比較することで、より良い導入が実現しやすくなるでしょう。

取付施工

導入する機器を決定できたら、晴れて取付施工となります。

その際、ドライバーと管理者の双方に、使用法を充分説明してもらうようにしましょう。

アフターフォロー

デジタコ導入直後は、ドライバー/管理者とも操作に慣れないため、問題が生じやすくなっています。きちんとしたアフターフォロー体制を整えているメーカーかどうか、あらかじめ確認のうえで導入を依頼するようにして下さい。