法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコの基礎知識 » バスにおすすめのデジタコ

バスにおすすめのデジタコ

このページでは、バスにおすすめのデジタコを紹介しています。

バスにデジタコは必要?

バス移動を提供する旅行会社は、運送会社同様、大型車両を日々活用されているはず。たくさんの乗客の安全な移動を任されているわけですから、その他の業界以上に慎重な運転が要求されます。

荒っぽいドライバーも少なからず存在する運送業界とは違い、バスドライバーは安全運転が何よりも優先されます。ですが、やむをえず急ブレーキを踏む場面もあるでしょう。また、近年では多くの乗客に被害が及んだ痛ましい交通事故も数多く発生しています。

その原因を究明し、以降の運転への反省材料として活かすことは必要不可欠。そのためにはデジタコによって取得されるデータが非常に有用です。また交通事故の防止、ドライバーのスキルアップ、燃費の向上などにも役立てられます。デジタコはこうした指導に役立つ機能が多いため、バスへの導入も推奨されてるのです。

バスとデジタコの現状とこれから

現在の国土交通省の態度としては「貸切バスのデジタコ導入促進」程度にとどまっていますが、今後これが義務化していくことも充分に考えられます。導入のタイミングは悩みどころですが、ドライバーの安全運転意識向上によって事故が予防されることと、燃費効率が改善されて経費削減にもつながることを考えると、早めに導入していたほうが得かもしれません。

デジタコを選ぶ際は、バス業界に特化したデジタコ本体と運行管理システムを導入して、併用していうのが理想的といえそうです。

バスにおすすめの運行管理システム2選

以下に、デジタコとの連携が図れるバスにおすすめの運行管理システムを紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

バス快道EX(アゼスタ株式会社)

富士通や矢崎のデジタコと連動可能な貸切観光バス運行管理システム。配車管理データとデジタコデータを車輌単位で自動連動させ、日々の日報入力作業を確実に軽減してくれます。

また営業所や車庫に「デジタコデータ連動機能」がなくても、本社に1機能あればCSVデータを取り込み可能。もちろん各所でのネットワーク構築も可能です。

操作で不明な点があればサポートセンターに問い合わせ可能!アフターフォローも充実しています。

バス運行管理システムSP(株式会社ブロードリーフ)

こちらは「観光施設」、「時刻表」「道路地点」「高速道路・有料道路料金」そして「市区町村地点データ」を搭載している優れもの。全国どこからでも、出発地から目的地までの移動距離/時間/経路と、新運賃/料金制度に対応した運賃を自動計算してくれるシステムです。

デジタコとの連動オプションとしては、運行実績データを取り込み、「運行日報」のデータとして反映する機能が挙げられます。富士通や矢崎のデジタコと連動可能が可能になっています。