法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコ・運行管理システムの導入活用事例 » アナタコから乗り換えた事例

アナタコから乗り換えた事例

このページでは、アナタコからデジタコに乗り換え、活用している事例を紹介しています。

タコグラフの
アナログとデジタルの違い

平成26年「貨物自動車運送事業輸送安全規則(国土交通省令)」の改正・交付によって、以上または最大積載量4トン以上の新車の事業用トラック(平成29年から使用過程車両にも適用)に義務付けられている運行記録計は、アナログでもデジタルでも問題ありません。ともに運行速度と時間、距離を計測します。

最小限の機能を持つデジタルタコグラフ(デジタコ)が5万円程度であるのに対して、アナログタコグラフ(アナタコ)の参考価格は2万円弱。しかし、新車に装着される記録計は、ほぼデジタル化されています。

アナタコではなくデジタコを導入するメリットは、「データ活用の自動化」と「改ざんが難しい」という点です。タコグラフから収集できた情報をデジタル化していることによって、燃費管理や安全運転などの業務改善にデータを活用することができます。

また、ドライバー側でデータの改ざんを行うことはほぼ不可能なため、改善基準告示を厳しく守る必要があります。このためには、ドライバーの意識改革を進めるしかありませんので、働き方改革へとつながる可能性もあります。

厳選3メーカーから
導入するデジタコを選ぶ

デジタルタコグラフに
機種変更して成功した事例

管理業務を大幅削減!指示も的確に

以前はアナタコを搭載していたのですが、週末に長距離便が複数台帰ってくると、その解析だけで大変な作業になっていました。

おまけに「報告された走行時間とズレがある」、「なぜここで休憩をとる必要があったのか」、「休憩とされている時間内に、走行したような形跡があるのだが…」などなど、要確認事項が山のように出てきます。ドライバーと話し合う中で「では、どうしたら良かったのですか?」と問われると、こちらも自信を持って回答を返せないというジレンマに、大きなストレスを感じていたのです。

しかしクラウド型のデジタコを導入してからは、ドライバーのリアルタイム状況が確認できるようになり、的確な指示を送れるようになりました。また運行の予定変更にも柔軟に対応できるようになり、経営的なメリットも数多く生まれています。

液晶パネルでの操作もわかりやすく、ドライバーからも「使い勝手が良い」と好評を得ています。何より管理業務が大幅に削減できたので、大助かりです。

その日の運転が評価されるという心地よい緊張感

アナタコからデジタルで運行されるようになって、運転素行を自動で評価するシステムが導入されました。評価の基準となるのは、主にスピードとエンジンの回転数なのですが、荷物がゼロの出発時と搭載後の実車時ではずいぶん勝手も違ってきますので、なかなか苦労します。

燃費は以前に比べると明らかに良くなっていますし、環境・安全には大変効果的だと思うので、これからも質の良い運転のためにデジタコを活用していこうと思います。

参考資料