法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコの基礎知識 » デジタコの導入価格相場

デジタコの導入価格相場

大手デジタコメーカーの製品の価格をリサーチし、だいたいの相場がわかる情報としてまとめています。

デジタコの価格相場は?

搭載車両の法定3要素(運行距離/速度/時間)だけにとどまらず、さまざまな情報を記録できる、デジタコ。事故防止や健全な労働形態の実現に貢献するマシンとして、国都交通省からも推奨されています。

しかしその実用化開始は1998年と、すでに20年以上も前のこと。日進月歩で進化を続けているマシンですから、搭載機能により価格にも大きな差が出てきます。

本ページでは以下に、人気モデルの情報を紹介しますが、その価格の平均値は178,000円という結果でした。

しかし、デジタコと連動させる運行管理システムの導入費用や、クラウドやインターネット回線を使用する場合は月額の利用料が発生する場合があり、一概にいくらとはいえないのがデジタコです。また、一般向けの商品のように簡単に製品の価格であったり料金プランがあるものではないため、正確な導入費用については、各社で見積もりを行うほかありません。

見積もり候補となる
デジタコの選び方

DTS-D1A(株式会社トランストロン)

参考価格:226,000円

多くの機能を網羅している最新型のデジタコで、免許証をかざすだけでドライバー確認が完了。独立テンキーで各種入力を行えるほか、見やすい4.2インチの大型液晶も完備と、操作性は抜群。

また無線通話、アルコールチェッカー、ドアセンサーなどとの連動オプションも可能です。

また管理者は「いまドライバーがどこにいるのか」、「どこで事故を起こしたのか」などの情報を、リアルタイムで確認可能です。

DRD-5020(株式会社デンソー)

価格:128,000円

こちらはドライブレコーダーと一体型になったデジタコ。クラウドと連係し、安全運転を効率的に実現する機能が搭載されています。走行中に撮影した膨大な記録画像の中から、危険度の高い画像を自動抽出できるので、管理者にとっては非常に便利。

もちろん運転日報の帳票機能も精度が高く、さまざまな項目やレイアウトを自由にカスタマイズ可能です。

GFIT(株式会社中日諏訪オプト電子ファインフィットデザインカンパニー)

参考価格:180,000円

こちらは搭載機能が比較的シンプルな、デジタコ。6ステータスリモコンにより、誰にでも使いやすい操作性を実現しています。

また安全な運行管理のための音声ガイダンスや、日報の自動作成機能も搭載。スマホとの連動も可能となっています。