コスト削減×効率UP!らくトク★デジタコ大百科 > 国交省認定のデジタコメーカーを徹底比較 > HORIBA(堀場製作所)

HORIBA(堀場製作所)

公開日: |更新日:

HORIBAは、自動車の研究開発や半導体製造・測定、その他さまざまな分野で専門機器やソフトウェアを提供しているグローバル企業です。※HORIBA(堀場製作所)は、2019年6月3日をもってデジタコを含む自動車運行管理システム事業を終了しました。

HORIBAの主なデジタコ関連製品

DRT-7100

機能概要

  • デジタコとドラレコの一体型
  • 通信モジュール搭載でサーバでのデータ管理可能
  • トリガー録画/連続録画に対応
  • 安全運転を徹底支援

特徴

HORIBAが提供する、ドライブレコーダーと一体になったデジタコです。2013年度にはグッドデザイン賞を受賞(参照元:good design award(https://www.g-mark.org/award/describe/40016))しており、その使い勝手の良さには定評があります。

データを記録する以外にも、運行データの一括管理や、拠点間の密な情報共有が可能。ドライバーが道路交通法を遵守しているかどうかもしっかり確認できるため、安全管理の面でも力を発揮してくれます。

ウェブ取説の有無

なし

ラクでおトクに導入できる!
クラウド版・おすすめデジタコ3選

DRT-7500

機能概要

  • 端末から直接サーバへデータ送信可能
  • クラウドを利用してデータを一括管理できる
  • 安全運転を徹底支援

特徴

車両の運行状況を蓄積し、日報出力などの手間を大幅に省いてくれます。無線通信に対応した機種を選べば、運行が終わったタイミングでデータを自動送信させるなど、業務効率改善のための柔軟な機能を利用可能。

また、リアルタイムでデータ通信可能なため、ドライバーの安全運転意識の向上や、車両運用の効率化など、さまざまな副次効果が見込めます。

ウェブ取説の有無

なし

ソフト:HORIBA FLEET LINKAGE

機能概要

  • 各種データの集計・解析を自動管理
  • クラウド型で、ネット端末があればデータ参照可能
  • ドライバーが運転を振り返るときにも手軽に活用できる

特徴

HORIBA FLEET LINKAGEは、クラウドを利用した総合運行管理システムです。運転日報やヒヤリハットデータ、稼働実績、走行ルートなど、さまざまなデータを手軽に参照可能。操作がシンプルなため、管理者・ドライバーともに手軽に諸データへアクセスすることができます。

安全運転や環境保全、業務効率の向上など、さまざまな課題解決を総合的にサポートしてくれます。

ウェブ取説の有無

確認できませんでした。

DRT-7100の導入事例

導入事例は見つけることができませんでした。

タコジロウより

img01

HORIBA(堀場製作所)は自動車関連製品を幅広く手掛けているメーカーで、現在でも、バッテリーや排ガス測定装置、自動運転支援システムなんかに携わっている。

だがしかし、デジタコやドラレコなんかの自動車運行管理システム事業からは2019年をもって撤退が決定してしまったそうだ。DRT-7100やDRT-7500はいい製品だったのになぁ…。ちなみに既に販売した製品のアフターサービスは2023年12月20日まで、クラウドサービスは2024年12月20日までで終了だそうだ。要注意だな。