法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコの基礎知識 » 費用対効果、投資の回収イメージ

費用対効果、投資の回収イメージ

このページでは、デジタコの費用対効果について考えています。

デジタコの費用対効果を考える

法による義務化が進められているデジタコですが、その普及率はまだ充分と言えません。特に中小運送会社の導入実績は低めなのですが「デジタコは高い」という費用の問題が、大きな障害となっているようです。

現在、さまざまな機能を備えた最新型のデジタコの価格は、運行管理システムと連動させると1台300,000円程度。もし数十台のトラックを所有している場合、数百万円の出費となりますので「勘弁して欲しい」と考える運送会社があったとしても、不思議はないでしょう。

しかし、デジタコ導入が金銭的メリットを生み出す可能性もあります。以下に具体的に紹介していきましょう。

燃費の大幅な削減

デジタコは搭載車両の運行状況を、正確に記録します。中にはエンジンの回転数を記録し「経済運転度」を点数化してくれる機器も。ドライバーにとっては、厳しい見張りがいるも同然ですから、ハンドルに向かう際の意識が変わります。

特に見逃せないのはアイドリングの減少。デジタコは燃料費に少なからぬ影響を与えるアイドリングを正確に記録しますので、頻度の高いドライバーの直接指導に役立てられます。

デジタコを導入することで改善される燃費は、10%程度と言われています。もし月間で100万円の燃料費が計上されている企業なら、年間で120万円もの燃費削減が実現します。これなら1年~数年で導入費を回収し、以降の削減額は利益に転換できるのです。

配車の効率アップ

GPS機能を搭載したデジタコを使用すれば、管理者は「ドライバーがいまどこにいるか」をリアルタイムで把握することができます。

もし急に依頼業務が発生した場合、最短距離にいるドライバーに担当してもらうことも可能となるのです。こうした業務の効率アップは、今までにない利益を生み出してくれるでしょう。

事故リスクの減少に伴う信頼向上

デジタコには「巨額の賠償金を必要とするような、事故の発生を減少させられる」というメリットも。また今後、デジタコを導入していない運送会社は、社会的な信用を得にくくなる可能性も高くなっています。

目先の出費にとらわれず、長い目で見て費用対効果を得ていく方向で、デジタコの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

費用例と導入効果 No.1

トラック7台にデジタコを導入したとある会社の費用概算および導入効果を紹介します。

項目 詳細 費用
デジタコ
(7台分)
デジタルタコグラフ
速度・回転センサー
取付費用
乗務員カード
160万円
事務所側機器
ソフトウェア
カードリーダー・ライター
管理ソフトウェア
導入指導料
60万円
研修費用
(7名)
ドライバーの
安全教育訓練への参加料
45万円
助成金 デジタコ導入の助成
研修に対する助成
- 7万円
- 45万円
合計 213万円

※7台分のデジタコを導入し、ドライバー研修を行った場合の事例
※そのほかシステム保守費用・月額7,000円が加算

導入費用について

助成を受ける前の導入費用を合計すると265万円でした。デジタコ導入に関する助成は全国トラック協会や各都道府県のトラック協会が行っています。今回の場合、デジタコ導入に対する助成金が1台あたり1万円、また安全教育訓練への参加料の全額が助成され、実質の導入費用は213万円となりました。

1台あたりに換算すると約30.4万円ですが、導入台数が増えるごとに1台あたりのコストは減り、たとえばトラック30台に導入した場合だと1台あたり約24万円、50台に導入すれば約22.6万円に抑えられます。

導入効果

月額5万円の経費削減に成功

事例企業では、燃費効率の悪さが課題でした。走行距離が多いため、経費のうち燃料費が占める割合も大きく、その改善を目的にデジタコを導入。デジタコのデータからエコドライブの成果が目に見えて分かるようになり、ドライバーたちの意識が変わり始めました。

数人のドライバーが大きく効果を出したことに影響を受け、ほかのドライバーもエコドライブに努めるように。その結果、月間5万円以上の経費削減が実現されたのです。

走行距離が多く燃料費の占める割合が高い企業だったとはいえ、デジタコの効果・影響の大きさがうかがえます。

ドライバーの意識向上による事故発生率の低下

また、デジタコの導入をきっかけにドライバーの安全意識が大きく向上しました。

ドライバー研修として「安全教育訓練」に参加させたこと、デジタコによって明確な運転データが取得できるようになったことが要因だと考えられます。事故はほとんど起きなくなり、それに伴って保険料も削減されました。

会社情報

費用例と導入効果 No.2

車両台数80台にデジタコを導入したとある会社の費用概算および導入効果を紹介します。

項目 詳細 費用
デジタコ
(80台分)
デジタルタコグラフ
速度・回転センサー
テレマティクス
取付費用
乗務員カード
2,440万円
事務所側機器
ソフトウェア
テレマティクス
カードリーダー・ライター
管理ソフトウェア
導入指導料
250万円
運輸総合
システム
ハードウェア
データベースサーバー
OS、データベース
設置調整料
500万円
運輸総合
システム
ソフトウェア
システム開発費用
会計管理パッケージソフト
給与管理パッケージソフト
1,700万円
助成金 EMS助成金 -3万円/台
計 -240万円
合計 4,650万円

※80台分のデジタコを導入した場合の事例
そのほか通信費等・システム保守料など月額30.7万円が加算

導入費用について

助成を受ける前の導入費用は4,890万円でした。全日本トラック協会および県のトラック協会から1台あたり3万円のEMS助成金が支給され、計240万円を助成。実質の導入費用は4,650万円で、1台あたりに換算すると約58.1万円に落ち着きました。

また上記の導入事例ではオプション機能として「テレマティクス」を搭載しており、それに伴って導入費用が高くなっています。

導入効果

マイナス17%の燃費削減を実現

ガソリン高騰が進むにつれて、運送業界では燃費削減が大きな課題となっています。事例として挙げた会社も例にもれず、燃費削減が課題でした。

デジタコ導入後は安全運転の記録や燃費データを基づいて、適切なドライバー指導を実施。さらにトラックメーカーにも協力を仰ぎ、エコドライブ講習会を行いました。また、デジタコのデータをもとに安全運転評価をボーナスの査定にも反映する仕組みをつくったそうです。

その結果、ドライバーの運転スキルや安全運転への意識が向上し、燃費効率が徐々に上昇。個人差はあるものの、会社全体で17%もの燃費削減を達成しました。

ドライバーへのリアルタイム指導

事例企業ではオプションとして「テレマティクス機能」を取り付けました。

テレマティクスはGPSを利用して車両の位置を特定し、管理者にデータを送信する機能です。さらに急発進・急加速・急停車などがあった場合は、そのデータを管理者にリアルタイムで送信してくれます。

事例企業では危険運転の可能性があるデータが確認できた場合、すぐにドライバーに連絡しているそう。危険運転だった場合は即座にドライバーに指導することができ、万が一事故が発生した場合は迅速に対応できるようになりました。

事故減少に伴って保険料を削減

安全運転およびエコドライブの実現、危険運転に対するリアルタイム指導の成果により、事例企業では事故件数が大きく減少したそうです。小さな物損事故を除けば、導入後1年間は事故ゼロだったとのこと。

事故が減少したことから保険のフリート割引率が上がり、保険料が大きく削減されました。車両台数が80にも及ぶ企業だったため、保険費用の削減効果は非常に大きいそうです。

会社情報

このページの参考資料

導入によってむしろ
「もうかる」デジタコとは