コスト削減×効率UP!らくトク★デジタコ大百科 > デジタコ・運行管理システムの導入活用事例

デジタコ・運行管理システムの導入活用事例

公開日:|更新日:

このカテゴリでは、デジタコとその運行管理システムの導入事例を紹介していきます。

クラウド連動の事例

デジタコから得られた情報をネットワーク上で管理できるようになった運送業者の事例です。

アナログから乗り換え事例

業務効率化を目指してアナログタコグラフからの乗り換えを行った事例です。

事故防止事例

デジタコ導入によって、事故防止(安全運転促進)につながった運送業者の事例です。

コスト削減事例

デジタコ導入によって様々なコスト削減が見込みます。具体的な事例を紹介しています。

働き方改革事例

労務管理を効率化して、陸運局の監査対策・トラック会社の働き方改革に成功した事例です。

業務効率化事例

リアルタイムでトラックの動態を管理できるデジタコによって、業務効率化が叶えられた具体的な事例を紹介。

デジタルの力を駆使して車両とドライバーの運行を管理する、デジタコ。その実用化は1998年に開始されましたが、近年はインターネットを活用した運用管理システムの精度も向上しており、業務全体に大きな改善効果をもたらしています。

その費用は1台につき300,000円程度。また運行管理システムの運用にも月々の費用は必要なため、導入を渋っている管理者も数多くいます。

しかし国土交通省による義務化の範囲も徐々に拡大していますし、助成金制度も登場してきています。デジタコ導入を考えるなら、今が非常に良いタイミングかもしれません。