法定3要素の先を行く!効率アップで「もうかる」デジタコ3選 » デジタコ・運行管理システムの導入活用事例 » 業務効率化が促進された事例

業務効率化が促進された事例

このページでは、トラックにデジタコを導入したことによって業務が効率化された事例を紹介します。デジタコの導入がなぜ業務の効率化につながるのか、ぜひチェックしてみてください。

デジタコ導入がトラック業務の効率化につながった事例

多くのトラックを所有し、常時稼働させている運送会社にとって、業務の効率化は大きな課題です。配車や集荷状況の確認、そのほか事務作業だけでもこなさなければならないタスクはたくさんあります。

そのうえ「依頼主から荷物が届かないというクレームが来ている」、「大事なお客さんから急な依頼が入ったのだが、集荷に迎える車両はいないか」などなど臨機応変に対応していかなければなりません。

そういった課題も、デジタコを導入することで、大幅に改善すできます。たとえばクラウド型の運用管理システムとデジタコが連携していれば、「すべての車両がいまどこにいるのか」という情報がGPSによってリアルタイムで確認できますから、遅配の原因特定も、近くにいる車両に代わりに配達を依頼することも可能。

また緊急の依頼があった際も「●●さんから集荷の依頼があったからお願い」と付近のにいるドライバーに立ち寄ってもらうなど柔軟な要請も可能になるのです。

以下に具体的な事例を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

運用管理システムの導入で、さらなる活用が可能に

これまではデジタコを単なる車両/ドライバー管理にしか役立てていなかったのですが、運用管理システムを導入することで、さらなる活用が可能になりました。リアルタイムでトラックの動態を管理できますし、ドライバーへの指示もメールで送信できるので、非常に便利です。ドライバーからもタイミングが良いときに指示を確認できる、あわてて電話や無線に応じる必要がなくなったと高評価でした。

デジタコを使える場面が大きく広がったことで、延着のトラブルも飛躍的に減少。急な依頼へのレスポンスも早くなり、取引先からもの信頼度も上がって、いいこと尽くめです。

渋滞の発生時もあわてず騒がず対応できる

クラウド型のデジタコがとくに活躍するのは、渋滞の発生時です。ドライバーに対し、リアルタイムで迂回路を指示できるのが、とても便利。これまではいったん車を停めてもらい、電話でやり取りをするしかありませんでしたので、その頃に比べると、手間も時間も大幅に削減できています。

また多少の遅れが発生する場合でも、荷主様に対して迅速に連絡できるようになったため、クレームが減少しています。

スポットオーダーも余裕で受託

観光バス業界だと、スポットオーダーが意外にたくさんあります。すでに業務を受託している会社に何らかの理由があり、車両が足りなくなるのです。

デジタコを導入してからは、動態把握で近くの車両をチェックし、すぐにヘルプ指示を出せるようになりました。おかげで余裕をもった対応が可能となり、業務効率がぐんとアップしています。

危機管理対策としての有用性を痛感

デジタコ導入後すぐに、車両が追突事故に巻き込まれるというアクシデントがありました。そこで付近の車両にすぐ指示を出し、現場へ急行してもらったのです。

おかげで遅配は最小限に食い止められました。物流に遅れは禁物。荷主様や企業からの信頼を落としかねませんから、デジタコを導入していて本当に助かりました。危機管理の意味でもデジタコの存在の重要性を感じさせられました。